工法一覧

硬質発泡ウレタン裏込工法 (セットフォーム工法)ケミカルフォーム協会HP

セットフォームは、1 分間に最大40倍に発泡して硬化するウレタンフォーム 注入工法です。

特 徴
・適度な圧縮強度を持ち、突発性崩落対策に有効である。
・止水効果に優れており、山への流失ロスがない。
・小さな移動式プラントで短時間に施工し、経済的である。

炭素繊維シート工法

炭素繊維シートは鉄の10倍の強度を 有する繊維で、コンクリートの補強・ 剥落防止に優れた工法です。

炭素繊維シートパネル工法 (CFパネル工法)CFパネル工法研究会HP

CFパネル工法は、現場加工が難しい連続炭素繊維シートを、工場で パネルに加工した工法です。

特 徴
・現場環境温度や作業者の熟練度に関係なく安定した品質で施工  管理が出来る。
・躯体コンクリートと一体化して高い補強効果が得られる。
・老朽による激しい不陸や漏水部でも施工できる。

炭素繊維プレート工法

炭素繊維を引抜き成型で板状に加工した繊維強化プラスチック板を エポキシ樹脂接着剤で既存構造物に接着固定する補強工法です。

断面修復工法

断面修復工法コンクリート構造物の老朽化部分をポリマーセメントモルタで断面修復して 健全な構造物に回復します。

溝切り線導水工法 (B4工法)

溝切り線導水工法 (B4工法)B4 導水工法は、覆工打継ぎやひび 割れ部への追従性が高い工法です。

特 徴
・耐久性に優れている。
・トンネルの内空断面を犯さない。

導水樋工法

導水樋工法導水樋は、耐候性・耐衝撃性に優れ、一体構造で樋両端部の断面係数が 大きいため、壁面に対して確実に固定することが出来ます。

特 徴
・導水断面が大きく、漏水防止効果に優れる。
・一体構造で剛性が高く、剥落防止効果に優れる。

ひび割れ注入工法

ひび割れ注入工法コンクリート構造物のひび割れに低圧自動式注入器具を取付け、エポ キシ樹脂系接着剤や無機系接着剤を注入してコンクリート構造物の 長寿命化をはかります。

止水工法 (SF-A工法)ケミカルフォーム協会HP

止水工法 (SF-A工法)SF-A(1液性硬質発泡ウレタン)をコンクリート軀体に高圧注入すると、水分と反応して短時間で安定硬化物を形成して止水します。

特 徴
・SF-Aは短時間で約20~30倍に発泡固化し、確実に止水出来ます。
・SF-Aは微細な隙間にも浸透して止水します。
・硬化物は施工後に乾燥・湿潤が繰り返されても安定しています。

コンクリート長寿命化 (珪酸塩系含浸材 CS-21)アストン協会HP

コンクリート長寿命化 (珪酸塩系含浸材 CS-21)CS-21を硬化したコンクリート表面に塗布、浸透させ、コンクリー ト中の未水和セメントやカルシウム成分と反応し安定した反応物 (CSH系結晶)で微細ひび割れなどを充填します。 ひび割れ発生により耐久性の低下したコンクリートを設計時の性能に 近づけることのできる材料です。

コンクリート構造物表面被覆工法 (ウレタン・ウレア吹付け工法)レジテクト工業会

コンクリート構造物表面被覆工法 (ウレタン・ウレア吹付け工法) コンクリート構造物表面被覆工法 (ウレタン・ウレア吹付け工法)ポリウレタンやポリウレアを用い、 コンクリート保護、地下防水、 水槽ライニング、トンネル関連、橋梁床版をはじめ法面の保護や 岩盤ライニング、金属の防食・防錆にも対応いたします。

特 徴
・水密性試験における水深100m相当の水圧に耐える防水性能 と遮塩性試験においても塩分を透過しない遮塩性能を有してい ます。
・湿潤地下に対しても十分な接着強度を確保できるとともに、 早期に物性を発現する特性を有しています。
・立面・天井面および複雑な地下形状に対して防水・保護膜を 形成することが可能です。
・塗膜は、長期の耐候性・耐薬品性・耐熱性・耐低温性および 耐海水性試験に対しても、十分な耐久性を保有しています。
・環境に対する安全性に関しても、塗膜の溶出試験によって 「土壌の汚染に係る環境基準」に定める基準値以下です。

耐震化

耐震化繊維シート巻立工、変位制限工、落橋防止工などを施工して震災時に構造物を守ります。

屋上防水改修工法

屋上防水改修工法建物屋上の防水は、紫外線や熱などによる劣化のため、10 年~20年が寿命であると言われております。 より耐久性のある屋上防水を実現するには、使用する素材の吟味、工法の検討が重要です。